■特集──縁故者事故に注意

 さる平成22年7月4日、北海道札幌市で父親が運転するワゴン車が駐車スペースに向けてバック中に、右後方に立っていた男児に衝突しました。7月12日にも新潟県長岡市で同様に事故が起きるなど、親や祖父などの肉親者が子どもや孫と事故を起こす、いわゆる「縁故者事故」が跡を絶ちません。
 そこで、夏休みを前に、「縁故者事故」の特徴と防止策をまとめてみました。

縁故者事故の特徴

●「発進時」と「後退時」の事故が9割以上を占める
 交通事故総合分析センターの分析調査によりますと、縁故者事故を起こしたときの運転者の行動は、「発進時」が圧倒的に多くて66.7%を占めており、続いて「後退時」が27.8%を占めています。

縁故者事故の特徴

●ワンボックス車が半数以上を占める
 車両の形状別にみますと、ワンボックス車が55.6%と半数以上を占めています。SUV車やバスなどでも多く発生しています。

ワンボックス車が半数以上

●ほとんどの運転者が子どもの存在を確認していない
 「事前に子供がいることを確認していたか」などを調査したところ、ほとんどの運転者が確認しておらず、「子どもの存在を確認しないまま、発見可能であるのに、安全確認せず、または子どもはいないと思って」事故につながったケースがほとんどでした。

縁故者事故を防ぐために

補助ミラーなどで子どもの姿を確認しよう
補助ミラーなどで子どもの姿を確認しよう

①自宅付近で車を「発進」、「後退」する時には、子どもの姿を確認する。
②大きな車ではボディの死角に隠れている小さい子どもを頭に入れておく。
③子どもが確認できないうちは車を動かさない。

*詳しくは(財)交通事故総合分析センター発行のイタルダ・インフォメーションNo31をご参照ください。

(2010年7月14日更新)

縁故者事故 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料
シンク出版 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月5日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。