交通安全ニュース 交通安全教育 事故防止教育

2016年

7月

25日

平成28年秋の全国交通安全運動が実施されます

■内閣府が「交通安全運動推進要綱」を公表

秋の全国交通安全運動ポスター26年

 

 平成28年「秋の全国交通安全運動」の推進要綱が内閣府より発表されました。

 (中央交通安全対策会議交通対策本部7月12日決定)

 

 交通安全運動の実施期間は例年と同じく、9月21日から30日までの10日間で、運動の基本は「子供と高齢者の交通事故防止」となっています。

 

 運動期間最終日の9月30日(金)は「交通事故死ゼロを目指す日」です。

 

 

 内閣府の頁「交通安全運動の推進要綱」は、こちらを参照

 

 

◆運動の実施期間

 平成28(2016)年 9月21日(水)~30日(金)

 

◆交通事故死ゼロを目指す日

 9月30日(金)

 

◆運動の基本テーマ

 子供と高齢者の交通事故防止

 

◆全国重点

夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止
 (特に,反射材用品等の着用の推進及び自転車前照灯の点灯の徹底)

 

後部座席を含めた全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底

 

飲酒運転の根絶

 

 (都道府県の交通事故実態等に則して、地域の重点が定められることがあります)

 

●ハイビーム使用の励行を!

※交通安全運動の重点推進項目は、ほぼ例年と同様ですが、夕暮時と夜間の事故防止のなかで、「夜間の対向車や先行車がいない状況における走行用前照灯(いわゆるハイビーム)の使用の励行」という文言が追加されました。

 

 夜間の歩行者事故の多くが、下向きライトに減光しているときに発生している事実を踏まえ、夜間の通常の走行用ライトは「上向きライト=ハイビーム」であることを強調し、なるべくこまめにライトの上下を切り替えて、危険の早期発見に努めることを意図しています。

 

※推進要綱の詳しい内容については内閣府のWEBサイト を参照してください。


 ドライバーの「気づき」を促す、
 交通事故防止教育用資料のご案内

 ※小冊子 ※テキスト ※DVD ※自己診断テスト 等


 交通安全運動期間中は交通安全に対するムードが盛り上がり、マスコミ報道なども増える時期ですので、事業所においては、交通事故防止の取り組みを展開する絶好のチャンスです。

 しかし、ただ漠然と「安全運転をするように」とか「防衛運転をするように」と一方的に指示したり、ポスターを掲示するだけでは従業員の交通安全意識は一向に高まりません。

 

 交通事故を防止するためには、従業員自らが交通事故のリスクの大きさを理解したり、自身の運転の弱点に気づくことが大切です。シンク出版では、一歩進んだ交通事故防止教育教材を取り揃えておりますので、ぜひご活用いただき、交通事故防止にお役立てください。

 

↓ クリックしていただくと、それぞれの商品詳細をご覧いただけます

交通安全教育小冊子
ポスター リーフレット 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
交通安全教育事故診断ツール
交通安全教育ビデオ
危険予測訓練
シンク出版 単行本 テキスト

2016年

2月

16日

平成28年 春の全国交通安全運動が実施されます

春の全国交通安全運動ポスター
春の全国交通安全運動ポスター(内閣府作成)

 

 平成28年「春の全国交通安全運動」の推進要項が発表されました(中央交通安全対策会議交通対策本部決定)。

 

 今年度の実施期間は、4月6日(水)~15日(金)の10日間で、期間中の4月10日(日)は「交通事故死ゼロを目指す日」となっています。

 

 依然として高齢者の交通事故被害が目立っています。高齢者の横断等に十分注意するよう指導を強化してください。

 また、4月は新入学(園)の時期です。新入学児童や園児の行動に注意し、事業所近くの通学路における安全指導についても積極的に取り組みましょう。

 管理者や交通安全委員などが街頭に出て、事業所周辺の道路などで通学する子どもや高齢者と遭遇する機会の多い場所がないか、調査してみてはいかがでしょうか。

 

 通勤の車・バイクや自社の営業車が不用意に生活道路を走行することがないように指導して下さい。

 

 やむを得ず走行する場合は、どのような危険があるのかチェックして周知しておくことが大切です。 

 

※春の全国交通安全運動の推進要綱(内閣府)は、こちらを参照

◆運動の実施期間

 2016年4月6日(水)~15日(金)

 

◆交通事故死ゼロを目指す日

 月10日(日)

 

◆運動の基本テーマ

 子どもと高齢者の交通事故防止

 

◆全国重点

 ・自転車の安全利用の推進

  (特に、自転車安全利用五則の周知徹底)

 ・後部座席を含めた全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底

 ・飲酒運転の根絶

 

 (地域の交通事故実態等に則して必要があるときは、地域の重点が定められることがあります)

 

 ※詳しい内容やポスターの入手は、内閣府のWEBサイトを参照してください。

 

 【参考───職域における実施要領】

 職場の管理者、安全運転管理者、運行管理者等との連携により、事業所等の業務形態に対応した交通安全教室等を開催し、飲酒運転・無免許運転・危険ドラッグを使用した上での運転等による交通事故の実態及び悪質性・危険性の周知等について指導を徹底する。

 

 また、特に後部座席におけるシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底、自転車利用者に対する交通ルールの遵守等職域における交通安全意識の向上を図る。

 最近多発する健康起因事故の防止のため、体調面を考慮した安全運転の管理・指導を徹底するほか、積極的な広報啓発活動や職域の職員による地域の各種交通安全啓発活動への参加を促進する。

 

→ 右は内閣府作製による「交通事故死ゼロを目指す日」(平成28年4月10日)リーフレット  


■交通事故防止教育教材のご案内

 交通安全運動期間中は交通安全に対する運転者の意識が高まる時期ですので、事業所においては、交通事故防止の取り組みを展開する絶好のチャンスです。

 しかし、ただ漠然と「安全運転をするように」とか「防衛運転をするように」と一方的に指示したり、ポスターを掲示するだけでは従業員の安全運転態度が向上しません。

 

 交通事故を防止するためには、従業員自らが交通事故のリスクの大きさを理解したり、自身の運転の弱点に気づくことが大切です。シンク出版では、一歩進んだ交通事故防止教育教材を取り揃えておりますので、ぜひご活用いただき、交通事故防止にお役立てください。

 

↓ クリックしていただくと、それぞれの商品詳細をご覧いただけます

交通安全教育小冊子
ポスター リーフレット 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
交通安全教育事故診断ツール
交通安全教育ビデオ
危険予測訓練
交通安全教育パワーポイントファイル
シンク出版 単行本 テキスト

シンク出版 交通安全 事故防止

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

8月30日(火

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。