貨物自動車の運行管理者のための知識

荷主勧告制度が強化されています

 2014年4月から、貨物自動車運送事業法の荷主勧告運用通達が改正されていることはご存じですか? 

 これまでの荷主勧告制度は勧告実績がなく、実効性に乏しいという批判があったので、荷主に対する勧告処分が強化されているのです。

 【続きを読む】

運転者の健康管理マニュアルを改訂──国土交通省

 国土交通省では、運転者の体調急変や持病の発作などを原因とした重大事故が多発していることを受けて2014年4月、バス・トラック事業者向けの「運転者の健康管理マニュアル」を改訂し事業者に通達しました。

 【続きを読む】

トラックドライバーの危機管理能力を高めましょう

 これからの貨物自動車運送事業にとってもっとも大切なことはドライバー1人ひとりのレベルを向上させることです。ドライバーに対する指導・監督のポイントとしては、安全運転のスキルだけでなく危機管理意識を高めることが重要です。

 危機管理能力をつけるのに最適な教材として、「安全運転ハンドブック」をおすすめします。

 【続きを読む】

トラック運送事業の共同点呼が平成25年11月から始まります

 トラック運送事業における輸送の安全確保及び経営環境の改善を目的として、共同点呼(受委託点呼)制度が導入されました(平成25年11月1日施行)

 中小のトラック運送事業者の運行管理者の負担が軽減されると期待されています。

 【続きを読む】

■5両未満営業所でも運行管理者選任を義務づけ

 従来は、トラック運送事業所のなかでも、5両未満の営業所は運行管理者の選任義務がありませんでしたが、国土交通省は、平成25年3月29日に省令を改正し、平成25年5月よりすべての営業所で選任が義務づけられることになりました。

 ただし、5両未満営業所には、1年間の経過措置があります。

 【続きを読む】

■労働時間の管理を徹底しよう

 バス・トラックなど、事業用自動車の高速道路における過労運転事故が多発し、社会問題となっています。

 追突事故などの背景には、長時間労働や無理な運行計画があるとして事業所の責任が追及されています。

 【続きを読む】

■指導・監督の指針に基づくドライバー教育の充実

  事業用自動車の運行の安全を確保するため、国土交通省は平成13年8月に「貨物自動車運送事業者が事業用自動車の運転者に対して行う指導及び監督の指針」を示しました。

 自社なりの「安全運転活動」も大切ですが、この指針を無視して教育をしても運輸局には評価されません。並行して「指導および監督の指針」に示された11項目にそった教育を実施しましょう。

【続きを読む】

■貨物運送事業者が監査を受ける場合

 貨物自動車運送事業者に対する監査は、国土交通省の通達「貨物自動車運送事業の監査方針について」に基づいき、次の4種類で実施されています。

 

 (1)特別監査 (2)一般監査 (3)呼出監査 (4)呼出指導

 

 もっとも厳しいのは、(1)の特別監査であり、事故があった事業所などに、原則として事前の予告なく、事業所に訪問して行われます。

 【続きを読む】

■荷役・フォークリフト等の労働災害を防止しよう

 陸上貨物運送事業の労働災害では、荷役時の墜落・転落事故や、フォークリフトなど動力運搬機械による災害が多発しています。

 労働安全衛生法の規定により、フォークリフト運転業務などの危険または有害な業務についている者に対しては、資格取得後も概ね5年ごとに安全のための特別教育を実施し、労働災害の撲滅に努めることが定められています

 

  【続きを読む】

 

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月5日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。