運転者教育のカギ

◆一方的な教育だけでは運転者は変わらない

 

 管理者の一方的な教育や、押し付け的な説明だけでは運転者の行動は変わりません。

 

 管理者が「こういう場面では、スピードを落とさないと…」と指導しても、その場では「わかりました」と答えますが、実際にはなかなか実行されません。

 

 なぜなら、こういった受身の態度の運転者は、なぜ事故や違反を犯すのかを、自分で理解できていないからです。

 

◆「自らチェックし考える」ようにすることが運転者教育のカギ


 運転者が自分の日頃の運転態度を素直に振り返ってチェック し、問題点を納得すれば、安全のためにどのようにすればよいかを自ら考えるようになり、行動が変わります。

 

 このような運転者教育が、今求められているのです。

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月12日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。