■教育用冊子「錯視・錯覚に注意して事故を防ごう」

お申し込みはこちらから──

錯視・錯覚に注意して事故を防ごう(5冊1セット)

──本品は5冊単位のご注文となります

  • 0.24 kg
  • 在庫あり
  • お届け日数:3~5日

監修:杉原厚吉 計算錯覚学の構築チームリーダー(明治大学研究・知財戦略機構特任教授)

■錯視・錯覚による事故の危険を知る

 安全運転のためには、正確な認知・判断・操作が求められます。しかし、人間は道路形状や交通状況によっては錯視・錯覚を起こし、正確な認知ができないために、的確な判断ができず、事故につながることがあります。

 

 本書は、下り坂が上り坂に見える例などを示しながら、具体的にどのような運転場面で錯視・錯覚が起こるのかを紹介しています。

 

 したがって、実際の運転において同じような運転場面に遭遇した際に、「ひょっとして自分は錯視・錯覚を起こしているのではないか?」と自覚することができますので、事故防止に役立ちます。

■問題→回答形式で「錯視・錯覚」を理解できる

巻頭の設問ページ
巻頭の設問ページ

 巻頭には写真による5つの問題を設けています。こちらの問題に回答を記入してから、該当ページをご覧いただくと、「錯視・錯覚」について簡単に理解することができます。

 

 また、交通安全講習会の教材としても使いやすく、受講者とディスカッションしながら「錯視・錯覚」の危険を共有することができます。

■「錯視・錯覚」を意識して運転しているかを確認できるチェックリスト付き

チェックリストとアドバイス
チェックリストとアドバイス

 また巻末には、普段の運転を振り返り、どの程度「錯視・錯覚」を意識して運転しているかをチェックしていただけるチェックリストを設けています。

 

 「ハイ・イイエ」で回答することで、「道路形状での錯覚」、「交差点での錯覚」、「見え方・感じ方の錯覚」について、どの程度意識しているかを理解することができます。

 

 また、チェックリストにはアドバイスがついていますので、今後の安全運転に役立てていただくことができます。

■CONTENTS

・写真を見てどのように見えますか?(問題)

・下り坂を上り坂と見誤る錯覚

・上り坂の向うがカーブになっている車線の錯覚

・車体の大きさによる距離感の錯覚

・夜間ライトの高い車は遠くに見える錯覚

・カーブミラーに移る車の方向の錯覚

・あなたは錯視・錯覚をどれだけ意識して運転していますか?(チェックリスト)

※指導・監督の記録として活用することができます

 巻末の「私の運転目標記入欄」は記名式ですので、運転者各自に提出していただき保存すれば「運転者に対する指導及び監督の記録」として利用することができます。

 

■内容見本(画像は教材の一部です)

◆コード 1040
◆仕 様 B5判/16ページ/カラー刷
◆価 格 700円(1セット<5冊>・税別・送料実費)
◆価格説明

※お申し込みは5冊単位となっております。

・団体様のお申込みなど、多部数のご購入の際には別途お見積りいたします。

・100部以上のお申込みで、講習用パワーポイントファイルをサービス(ダウンロード形式)いたします。
・100部以上のお申込みで、送料をサービス(一箇所・一括送付のみ)いたします。
・300部以上のお申込みで、冊子下部への貴名称等の刷込み(1箇所・墨色)をサービスいたします。
・300部未満のお申込みで名称刷込みをご希望の場合、8,000円(税別)で承ります。

◆発 刊 2016年5月

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月12日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。