2012年

2月

14日

アルコールの飲み過ぎは4兆円の社会的損失

 アルコールを飲み過ぎると、病気やけがなどのリスクが高くなりますよね。その損失はどれくらいになるかわかりますか。


 なかなか想像できませんけれども、このたび厚生労働省研究班が発表した金額によると、アルコールの飲み過ぎによる社会的損失が年間4兆1483億円に達すると発表しました。

 アメリカの研究によりますと、肝硬変の40%、浴槽での溺死の34%などがアルコールに起因するとされており、研究班の尾崎鳥取大准教授(環境予防医学)らは、このアメリカの研究を参考に、2008年の人口動態統計や患者調査のデータから社会的損失を推計しました。


 研究班の調査で、アルコールの飲み過ぎで、脳卒中、がんなどの病気やけがの患者が計24万6000人、死者が3万5000人増えたと推計、治療に1兆226億円かかり、69歳まで生きた場合に受け取れた賃金1兆762億円を失ったと見積もりました。

 また、アルコールによる労働生産性の低下についても、働いている人でも男性の5・9%、女性の1・7%が「人間関係にひびが入った」「二日酔いで仕事を休む」などの飲酒による問題を抱えており、こうした問題で労働生産性が21%低下するとの研究があり、損失は1兆9700億円になると推計しています。

 さらに、飲酒運転による交通事故の社会的損失なども考慮すると、年間の損失が4兆円に達すると推計したものです。この額は、たばこの社会的な損失(5兆~7兆円)にほぼ匹敵すると言われています。


 改めて、健康のためには適正飲酒を心がける必要がありそうです。

(2012.2.14更新)

安全運転指導教材の御案内

 セルフチェックシリーズ「飲酒習慣の危険度をチェックしよう」は、自身の「飲酒習慣」、「アルコール依存症の危険」、「飲酒運転の危険度」を自分でチェックし、行動目標を設定することによって飲酒習慣を見直し、飲酒運転の防止を図ることをねらいとした教育教材です。

 

【詳しくはこちら】

過去の朝礼話題

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月5日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。