2012年

2月

20日

追い越したくなる場所は危険箇所

無理な追越し事故
クリックすると拡大します

 交通事故が起こるのは、ドライバーの行動とともに、その場所の道路形状も関係していることがあります。
 道路の幅員が狭くなって交通の流れが変わる場所などは要注意ポイントですね。

 さる2月11日午前10時15分頃、滋賀県高島市の国道161号の片側2車線から1車線に変わった場所で、無理な追い越しをかけた普通乗用車が前車と対向車などに相次いで衝突し、普通乗用車に同乗していた妻と幼児2名の計3名が死亡する大事故に発展しました。
 現場付近では、前年にも3件の事故が発生していたそうです。
 見通しのよい直線道路が続きスピードが出やすい場所だったようですが、1車線に減少して減速する車も多く、後方からスピードを出して走行してきた車にとっては車間距離が詰まってヒヤリとしたり、追越しをかけたりしたくなるポイントと言えます。

 こんな状況で前車との距離が縮まったからといって、すぐ追越しをかけるような行為は危険です。見通しがよくても、安心は禁物。追越しのとき自分がミスをする危険性が計算に入っていません。

 しかも、対向車は路肩や脇道から突然現れることがあります。

 

 前車が減速したら、自分も減速して車間距離を保つという当たり前の運転行動に徹しましょう。

(2012.2.20更新)

「違反だから…」と甘く見ていると、いずれは事故につながります。

 交通違反の多いドライバーは、事故発生傾向も高まります。

 「交通違反のリスク診断」は、セルフチェック形式で違反傾向を知ることができる交通違反防止のための教育教材です。


 56の質問に「ハイ、イイエ」で答え、「スピード違反」や「通行区分違反」など、どのような違反を犯す危険性があるかを知ることができ、自己啓発を促します。


 【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月12日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。