2012年

3月

28日

大型車の後ろを走行するのは避けよう

大型車の後方からは信号が見えない
大型車の後方からは信号が見えない

 大型車の後方を走行することはできるだけ避けたいものです。なぜならば、大型車の後方を走行すると、そうでないときに比べリスクが高まるからです。


 まず、前方の様子が確認できないために、事故などがあった場合に認知できず、ブレーキをかけるのが遅くなり追突する可能性が非常に高まることがあげられます。


 さらに、大型車に追従していると前方の信号が隠れてしまいます。信号が何色かわからないまま、交差点に進入すると、赤信号への変わり目だった場合には、対向車線から右折してくる車などと衝突する可能性が高まります。また、大型車が交差点手前でブレーキをかけた場合には、ビックリして急ブレーキをかけることになったり、最悪の場合追突してしまいます。


 その他にも、ダンプカーの後方からは小石などが落下してきて車を傷つけたり、フロントガラスを破損させることもあります。


 このように大型車の後方を走行することはリスクが高まりますから、できるだけ避けてください。それでも、大型車の後方についたら、前方の信号が確認できるくらいに車間距離を開けて走行し、大型車から離れるようにしてください。

(2012.3.28更新)

事故防止教材のご案内

交差点とその付近は、全事故の5割以上を占める事故多発地点です。

 

 「交差点事故の危険度をチェックしよう」は「左折」、「右折」、「直進」するときの運転ぶりチェックし、それぞれの危険度を理解することができる参加型教材です(一般車編とトラック編があります)。

 

 講習用のパワーポイントとともに好評発売中です。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月6日(火

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。