2012年

5月

22日

【シンク出版(株)のページ】路肩走行の車に気をつけよう

 以前は、高速道路を走行していて渋滞してくると、すぐに路肩を走行する車が後を絶たなかったのですが、最近では随分と少なくなったような気がします。


 しかし、それでも路肩を走行する車は少なからずいます。とくに最近では、バイクが路肩を走行しているのをよく目にします。

 

 皆さん方は、渋滞しても路肩を走行する人はいないと思いますが、路肩を走行してくる車には十分に注意してください。路肩から急に本線に割り込んでくる車がいるからです。

 

 一つ目は、前方にパトロールカーがいるために路肩から本線車道に急に戻ろうとする車です。道路が渋滞してくると、路肩走行を監視するために、ネクスコや高速隊のパトロールカーが路肩に止まっていることがあります。それを見てあわてて走行車線に戻ろうとする車がいます。

 

 このようなとき、路肩走行しているドライバーの心理は、一刻も早く車線に戻りたいという意識が働きますので、走行車線の車列に強引に入ろうとします。


 もう一つは、橋梁部分やトンネルなど路肩が狭くなっている場所があり、その手前で路肩から本線に戻ろうとする車です。
 このようなときに、漫然と運転していたり、入れまいと意地をはっていると衝突事故を起こすことになります。


 路肩を走行する車がいたら、その動きには十分注意してください。

(2012.5.22更新)

交通事故防止教育教材のご案内

軽い気持ちの不安全な運転行動が、高い事故の代償を生みます

 

 安易な気持ちから生じる不安全な運転行動が、事故を誘発したり大きな過失責任を生じさせることがあります。

 

 本誌は6つの事例について、運転者の過失責任の割合を自分なりに考えて回答する、参加型の教育教材となっていますので、「こんな運転行動が大きな過失責任を生むのだ」といったことをより深く理解することができます。

 

【詳しくはこちら】

過去の朝礼話題 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月5日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。