2012年

6月

07日

危険運転致死傷罪とは

危険運転致死傷罪 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

 昨日、お話しましたように、交通事故で人を死傷させた場合には「業務上過失致死傷罪」が適用されていましたが、飲酒運転のように悪質な違反によって事故を起こした者には、さらに重い罰則を科すべきではないかという世論の高まりを受け、平成13年に新設されたのが「危険運転致死傷罪」です。


 これは、特定の「危険運転」で死傷事故を起こした場合には、故意による犯罪とみなして、他の交通事故よりも厳しい罰則を科すというもので、人を負傷させた場合には、「15年以下の懲役」、人を死亡させた場合には「最長20年の懲役」となっています。

 

 「危険運転致死傷罪」の適用条件である「危険運転」とは、次の5つです。

 

①アルコールまたは薬物の影響で正常な運転が困難
②進行を制御することが困難な高速度
③進行を制御する技能を有しない
④通行中の人や車に著しく接近し、重大な交通の危険を生じさせる速度で運転
⑤赤信号をことさら無視

 

 「危険運転」の認定については、裁判官によって判断が分かれるなど、いろいろな問題を含んでいます。


 先日、京都府亀岡市で起きた通学児童に居眠り運転の車が突っ込んだ事故で、「危険運転致死傷罪」ではなく、「自動車運転過失致死傷罪」にしか問えないことなどから、この「危険運転致死傷罪」の適用条件の見直しの機運も高まってきています。

(2012.6.7更新)

交通事故防止教材のご案内

軽い気持ちの不安全な運転行動が、高い事故の代償を生みます

 

 安易な気持ちから生じる不安全な運転行動が、事故を誘発したり大きな過失責任を生じさせることがあります。

 

 本誌は6つの事例について、運転者の過失責任の割合を自分なりに考えて回答する、参加型の教育教材となっていますので、「こんな運転行動が大きな過失責任を生むのだ」といったことをより深く理解することができます。

 

【詳しくはこちら】

過去の朝礼話題 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月8日(木

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。