2012年

10月

09日

【シンク出版のページ】横断歩道手前に車が停止しているときは一時停止を

 車を運転しているとき、前方に信号機のない横断歩道があり、その手前に車が停止しているとします。
 「このようなとき、どのような運転をしますか?」と質問すると、ほとんどの人は、「そのまま進行する」か「徐行して進行する」と答えられるのではないでしょうか。


 しかし、道路交通法第38条第2項では、「横断歩道の手前に停止している車などがある場合、その側方を通って前方に出る前に一時停止しなければならない」と定められています。
 こういう状況では、止まっている車の陰から歩行者が横断してくる可能性が高いことから、一時停止をして安全を確認することが要求されているわけです。

 しかし、なかなか一時停止をする人は少ないようで、さる9月27日、広島市で実際に事故が起きました。

 広島市の片側1車線の道路で、10歳の男児が信号機のない横断歩道を渡っていたのですが、停止していた車を追い抜いた車にはねられました。
 男児は、右方向から進行してきた車が横断歩道手前で停止したことを確認して横断を開始したのですが、停止した車を追い越してきた軽自動車は、男児に気づかなかったものです。

 

 子どもをはねた運転者は、横断歩道の手前で一時停止するどころか追越しをしており、その運転態度は言語道断ですが、私たちも横断歩道の手前に車が停止していても、何気なくそのまま側方を通過することはよくあると思います。

 改めて、横断歩道の手前に車が停止しているときは、一時停止を徹底しなければいけないと思いました。

(シンク出版㈱ 12.10.9更新)

安全運転指導資料のご案内

軽い気持ちでした運転行動が、高い代償を生みます

 安易な気持ちから行った不安全な運転行動が、事故を誘発したり大きな過失責任に結びつくことがあります。


 小冊子「低い安全意識が高い事故の代償を生む」は6つの事故事例について、運転者の過失責任の割合を自分なりに考えて回答する、参加型の指導教材となっています。

 自分の回答と解説を照らし合わせてみて「こんな運転行動をすると大きな過失責任を生む」といった危険をより深く理解することができます。

 

 【詳しくはこちらを参照

 

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月9日(金

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。