2012年

11月

19日

路側帯の違いがわかりますか?

路側帯 違反
このような駐車はいけません

 歩道がない幅員の狭い道路には、歩行者等の通行スペースを確保するために、白線によって道路端が区分されています。
 これは、「路側帯」と呼ばれていますが、皆さんご存じのように白線の種類は3種類あります。


 白い実線が1本だけのもの、白い実線が2本あるもの、白い実線と破線のものの三つですが、それぞれの種類でどのような違いがあるかわかりますか?

 実線1本の路側帯がある場所では、なかに入って車を止めることができますが、その場合には左側に0.75mの余地を開けておく必要があります。その余地が取れなければ、白い線の左端に沿って止めなければなりません。

 

 白い実線が2本の路側帯は「歩行者用路側帯」、白い実線と破線の路側帯は「駐停車禁止路側帯」と呼ばれており、車両の駐停車が禁止されていますので、このなかに入って車を止めることはできません。

 ですから、車を止める場合には白い線の左端に沿って止めなければなりません。

 白い実線が2本の路側帯は、軽車両の通行もできませんが、白い実線と破線の路側帯のほうは、軽車両の通行はできます。
 日頃は、あまり路側帯の種類の違いまで考えて運転していないという人がほとんだと思いますが、路側帯がある場所に車を止める場合には、歩行者などの通行を妨げないように十分に注意してください。

運転者向け指導教材のご案内──交通違反のリスク診断

 「交通違反のリスク診断」は、セルフチェック形式で違反傾向を知ることができる交通違反防止のための教育教材です。

 56の質問に「ハイ、イイエ」で答え、「スピード違反」や「通行区分違反」など、どのような違反を犯す危険性が高いかを知ることができます。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月5日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。