2013年

1月

07日

「青信号で止まる」運転を心がけてはいかがですか?

 新年明けましておめでとうございます。
 皆さん、もう今年の安全運転目標を立てられましたか。どんな目標でもいいですから、事故や違反と無縁な1年間を過ごすために、努力していただきたいと思います。

 私は、先輩のある無事故ドライバーのモットーをお借りして、今年は「青信号で止まる」運転を目指します。
 「青信号で止まる」なんて間違っていると思われるかもしれませんが、先輩が教えてくれたのは、前方の少し離れた交差点信号が青だったら、「あの信号で止まろう」というつもりでアクセルから足を離して前車との車間距離をあける運転をするということです。

 つまり、「前方の信号が青の間に通過したい」という気持ちが生まれると、自然と無駄なアクセル操作をしてスピードも出るし、前車との車間距離も詰まります。

 

 しかし、交差点ではどんな状況が待っているかわからず、急に減速したり黄信号になって止まる車があるかも知れません。

 結局、スピードを上げても強いブレーキで止まることになり、危険でギクシャクした運転をすることが多いのです。

 とくに、ディーゼルエンジンの大型車などは「止まってもいい」と考え、早めにアクセルオフをすると燃料がカットされるので停止時の燃費が非常に良くなり、交差点手前の追突事故防止にもとても効果があるという話です。
 ですから、皆さんも今年は「あの前方の青で止まろう」という気持ちでゆったりと運転することを目標の一つに検討されてはいかがでしょうか。

 (2013年1月7日更新)

ドライバー向け安全運転指導教材のご案内

追突事故の危険

「追突」は交通事故のなかで最も多い事故パターンです。

 

 教育用小冊子「自分で気づこう!!追突事故の危険」は、7つの事故事例をもとに自身の運転ぶりをチェックすることができます。とくに、「わき見」「思い込み」「漫然運転」による追突事故防止に有効な教育教材です。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月8日(木

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。