2013年

1月

22日

手の平でハンドルを回すクセはありませんか

 ハンドルを回すときに、ハンドルの一部に手の平を乗せて、押すようにくるくる回すクセはありませんか?


 やっている本人は、カッコイイと思ってやっているかもしれませんが、ハンドル操作は確実に不正確になりますし、ひどい場合は手が滑ってハンドルを離すことになります。
 
 この間乗車したタクシーの運転者が、片手ハンドルで手の平でハンドルを回して運転していたのには、正直びっくりしました。左手は左足の腿あたりに置き、右手はハンドルの上に乗せたままでハンドル操作するのです。

 

 「その交差点を右に曲がってください」というと、ハンドルを手の平で回すものですから、曲がっていくタイミングが確実に遅れていくのです。

 

そのため、進入していく交差道路の車線の真ん中に行かず、微妙に左右にズレるのです。もし、ハンドルから手が滑ってしまうと、路側に激突するのではないかと、ハラハラしっぱなしでした。
 
 よく、駐車するときやバックするときには、ハンドルを手の平で回すと便利だという人がいますが、こういうハンドルの回し方がクセになりますと、いつでもどこでも手の平で回すようになります。

 

 そうなると、とっさの飛出しなどに対応できなくなりますので、絶対にやめてください。ハンドルは両手できちんと持つことが基本です。

 

(2013.1.22更新 シンク出版株式会社)

交通事故防止教材のご案内

軽い気持ちでした運転行動が、高い代償を生みます

 安易な気持ちから生じる不安全な運転行動が、事故を誘発したり大きな過失責任を生じさせることがあります。

 

 小冊子「低い安全意識が高い事故の代償を生む」は6つの事故事例について、運転者の過失責任の割合を自分なりに考えて回答する、参加型の指導教材となっています。

 

 自分の回答と解説を照らし合わせてみて「こんな運転行動をすると大きな過失責任を生む」といった危険をより深く理解することができます。

【詳しくはこちら】

過去の朝礼話題

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月8日(木

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。