2013年

2月

15日

逆走車の存在に気をつけよう

   以前、この欄で逆走は高速道路の専売特許ではなく、一般道路でも起こりうるので注意しよう、というお話をさせていただきました。
 不幸なことですが、さる2月9日午前、石川県小松市の一般道路で、また逆走車が事故に巻き込まれました。
 現場は、中央分離帯のある片側2車線の県道で、80歳の男性が運転する軽乗用車が交差点を右折する際に誤って逆方向の車線に入って逆走し、乗用車と正面衝突しました。
 報道によりますと、軽乗用車は逆方向車線の中央線寄りを走行していましたが、それに気づいた左側車線を走行していたトラックが減速したところ、後ろからきた乗用車がトラックを追い越そうと、中央車線寄りに出たところに、逆走車が走行してきており、避けきれずに正面衝突したようです。
 高速道路でも一般道路でも、逆走車の存在をイメージするのは難しいのですが、今回の事故の場合は前のトラックが減速していますので、「高齢者が横断してきているのではないかなど、何かがあるのでは……」と危険予測することはできたのではないかと思います。
 そうすれば、トラックを追越す際にも注意しますし、逆走車の存在を早めに発見できたのではないかと思います。
 最近では、一般道路でも逆走車のニュースを目にすることが多くなりました。とくに、中央分離帯がある片側2車線道路では、注意しておきましょう。

(2013.2.15更新 シンク出版株式会社)

交通事故防止教育教材のご案内

「当てられた!」自分が交通事故の被害者だと思っていたら、過失相殺で思わぬ損害賠償を請求されることが……。

 

もらい事故でもこれだけの過失がある」は、たとえ「もらい事故」と思われるような事故でも、実際には大きな過失割合が発生するとともに、高額の損害賠償が生じた判例を紹介しています。

 

「もらい事故だから仕方がない!」という意識を改め、事故防止の重要性を学ぶ教育教材です。

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月5日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。