2013年

2月

25日

バックモニターがあってもバック事故!

バック事故

 今日は、バック事故が多発しているというお話をしたいと思います。皆さんのなかにも、バック時に当たらないまでもヒヤリとした体験のある人は多いと思いますが、当社ではなかなかバック事故が減らずに困っています。

 実はA営業所で、すべての車にバックモニター(バックアイカメラ)を付けて事故防止を図ったのですが、結局のところバック事故は減少しませんでした。


 実際の事故原因を調べてみると、
 ●モニターを見る前にアクセルを踏んでいて

  見たときはすでに当たっていた
 ●モニターでは電柱が遠くに見えたのだが、

  意外に近くて当たってしまった
 ●モニターには映らない上部の軒(ヒサシ)に当たってしまった
 ●モニターの死角となった車の横の場所からやってきた自転車に当たってしまった
 ●暗い倉庫の隅にモニターではっきり確認できなかった障害物があり、

  旋回してバックしたときに接触してしまった
──といった状況で事故が起こっていることがわかりました。

 モニターがあってもドライバーの注意が行き届かなければ、事故は防げません。


 そこで皆さんは、少しでも不安だなと感じたら、モニターに頼らないで「車を降りて見る」ことを徹底してください。降りて自分の目で確かめると、障害物は簡単に発見できます。


 「まあ大丈夫だろう」という甘い考えでバックした時に、事故が起こっていることを肝に銘じておきましょう。

(シンク出版株式会社 2013.2.25更新)

バック事故防止指導教材のご案内

バック事故の多発にお悩みではありませんか?

 

 小冊子「自分で気づこう!! バック事故の危険」は、駐車場や構内・コンビニにおけるバック行動のイラストを見て、自分の運転上の危険をチェックすることができる小冊子です。

 自分自身でバック時の危険性に気づくことにより、バック事故防止を図る教材です。

 


【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月8日(木

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。