2013年

3月

06日

荷物の軽量化や小口化で腰痛予防に取り組もう

 トラック運送や介護の現場では、重たい荷物を持ったり、人を抱き抱えたりする機会が多く、腰痛に悩まされている人が少なくありません。


 腰部に負担がかかる重量物の取り扱い作業については、これまで成人男子が人力で取り扱うことができる重量制限を「55キロ以下」とし、常時取り扱う場合の重量は「体重のおおむね40%以下となるように努めること」としていました。


 厚生労働省では、この基準を見直す作業に着手しており、先日開催された「職場における腰痛予防対策指針の改訂及びその普及に関する検討会」の第2回会合で、「55キロ以下」の重量制限を削除し、「体重の40%以下となるように努める」のみとする方向で議論をすすめています。

 

 また、最近では女性ドライバーや配達員が増えていることから、女性労働者が取り扱う重量についてもはじめて明記する予定で、一般的な女性の持ち上げ能力を参考に、「男性が取り扱うことのできる重量の60%くらい」とし、「体重の24%以下」を目安とする方向です。

 

 この検討会の結論を待つまでもなく、作業者の腰痛予防対策として人力で取り扱うことができる重量は、確実に軽量化の方向にすすんでいます。
 重量物を取り扱っている職場では、人力で運搬する荷物はできるだけ小分けして、小さく軽量化していくなどの対策を実施しましょう。

(シンク出版株式会社 2013.3.6更新)

物流事業所での安全教育に最適

 「真のプロドライバーを育てる安全運転ハンドブック」は、物流技術研究会で培われてきたノウハウや、トラックドライバーとして必要な安全運転の知識などを国土交通省告示の「指導・監督の指針」の内容に基づいて、イラストや図解を中心にまとめた一冊です。

 

 トラックドライバー様には知識のレベルアップに、管理者様にとっては朝礼やミーティング時の話題提供の資料としてご活用いただくことができます。

 

【詳しくはこちら】

交通安全事故防止朝礼話題

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月5日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。