2013年

3月

11日

風邪をひいたときの運転は飲酒運転と同じくらい危険

風邪をひくと飲酒運転と同じ

 風邪をひいたときには、体調が悪く、頭がボーッとして注意力がなくなることは誰でも経験があると思います。こういう状態で車を運転することは、非常に危険であることも、ある程度感覚的にわかると思います。
 
 では、どれくらい危険なのでしょうか?
 最近、イギリスのカーディフ大学で、「風邪をひいている状態で車を運転すると、1.7~2.3リットルのビールを飲んで運転するのと同じくらい危険」という研究結果が発表されました。
 発表したのは、同大学のアンディ・スミス教授で、風邪をひいている男女50人を対象に実験を行い、風邪をひいていないときや飲酒したときの反応時間や注意力などを調査して比較したものです。

 それによりますと、飲酒時の反応時間は通常よりも0.015秒遅くなり、風邪を引いたときには0.036秒も遅くなっていました。
 また、体調が良好なときと比べて、風邪をひいたときの注意力は3分の1にまで落ちることも明らかになっています。
 さらに、同教授は風邪によるくしゃみ1回につき、前方不注意になる時間が約3秒もあることを明らかにしています。
 
 風邪をひいて体調が悪いときには、無理をして車を運転をしないようにしましょう。

 

(シンク出版株式会社 2013.3.11更新)

ドライバーの安全意識を高める指導教材のご案内

運転の心構えを自己チェックできます!

  安全運転で大切なことは、運転に対する「心構え」です。

 

 この自己診断チェックは、「体調管理の意識」、「交通弱者に対する意識」、「自分自身を律する意識」、「法令遵守の意識」など運転に対する6つの心構えを、48の質問に「ハイ」、「イイエ」で答えることにより、自分の弱点を知ることができます。

 

 自分で気づくことから、安全運転意識の高揚へと結びつけてください

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月8日(木

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。