2013年

3月

19日

発炎筒の有効期限を知っていますか?

有効期限をチェックしておこう
有効期限をチェックしておこう

 自動車には、高速道路で事故を起こしたり、踏切で脱輪したときなどの緊急事態が発生したときに備えて、非常用の信号として発炎筒が搭載されています。
 しかしながら、ほとんどのドライバーは発炎筒についての知識はあまり持っていないのが実情です。

 

 どこに収納されているか、どうやって点火するのか、点火している時間はどれくらいなのかなど、発炎筒について知らない人が多くいます。もし、思い当たる人がいたら、一度自分の車のどこに収納されているか確認をしてください。
 点火方法などは、本体に書いてありますので、そのとき要領を確認しておいてください。ちなみに、発炎筒が燃えている時間は約5分間です。


 収納位置を確認するときに、もう1つ確認していただきたいことがあります。それは、有効期限です。

 

 有効期限は4年間となっていますから、車を購入してから何年も発炎筒を触っていないと言う人は、期限切れになっている可能性があります。
 有効期限が切れた発炎筒は、劣化して点火しないことがありますので、一度調べてみて期限が切れていれば新品へ交換しておく必要があります。

 

 主要なカー用品店やホームセンターなどで販売されており、500円~600円程度購入することができます。

(シンク出版株式会社 2013.3.19更新)

ドライバー向け安全運転指導資料のご案内

軽い気持ちでした運転行動が、高い代償を生みます

 安易な気持ちから生じる不安全な運転行動が、事故を誘発したり大きな過失責任を生じさせることがあります。
 小冊子「低い安全意識が高い事故の代償を生む」は6つの事故事例について、運転者の過失責任の割合を自分なりに考えて回答する、参加型の指導教材となっています。

 自分の回答と解説を照らし合わせてみて「こんな運転行動をすると大きな過失責任を生む」といった危険をより深く理解することができます。

 

 【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月9日(金

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。