2013年

4月

22日

「高齢者」の死者が7割を超える地域もあります

 先日、最新の人口推計値()が発表されていましたが、それによると「65歳以上の高齢者」が初めて全都道府県で0~14歳以下の年少者人口を上回ったということです。

 少子高齢化がますます進み、総人口に占める65歳以上の高齢者の割合は前年より0.8ポイント上昇して24.1%となっています。高齢者人口比率が高まれば高まるほど、高齢者の交通事故リスクも上がってきます。
 
 交通死亡事故に占める高齢者の割合は24%どころか、全体で5割を超えていますが、都道府県によっては7割を超えているところもあります。
 2012年中の交通死亡事故統計によると、石川県72.7%(死者数44人中32人が高齢者)、鹿児島県70.1%(同87人中61人)、愛媛県69.6%(同56人中31人)などが目立っています。

 これだけ高齢者死者の割合が多いのは、交通事故にあうと亡くなる危険性が高いからです。高齢者が転倒してバランスを崩すと頭部を強打するなど、死亡事故に結びつきやすくなります。

 また、加齢により骨や筋肉が衰えて衝撃耐性が弱っているため、自動車乗車中に事故にあって他の乗員がけがで済むケースでも、高齢者は死亡する例が目立っています。

 こうした状況をよく理解して、運転するときにはとくに高齢者の存在には気を配ってください。
 歩行者や自転車に乗る高齢者はもちろん、高齢ドライバーの運転する車や高齢者の乗った介護施設の車などにも配慮していただくことが重要です。

2012年10月1日現在人口推計/総務省(2013年4月16日 公表)

ドライバー向け安全運転指導教材のご案内

軽い気持ちでした運転行動が、高い代償を生みます

 安易な気持ちから不安全な運転行動に走ると、事故を誘発したり大きな過失責任を生むことがあります。
 小冊子「低い安全意識が高い事故の代償を生む」は6つの事故事例について、運転者の過失責任の割合を自分なりに考えて回答する、参加型の指導教材となっています。

 

 自分の回答と解説を照らし合わせてみて、「軽率な行動が大きな過失責任を生む」危険をより深く理解することができます。

 

 【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月5日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。