2013年

6月

05日

枯れ草による車両火災に注意しよう

車両火災

 車を止めるときに、周りに枯れ草があるかどうかを気にする人はあまりいませんよね。
 しかし、車の周りにある枯れ草がときどき車両火災に結びつくことがあるので注意しなければなりません。

 さる5月26日、兵庫県淡路市の男性(69歳)が運転する軽トラックが走行中に出火して、全焼するという事件がありました。
 運転していた男性は、すぐに逃げてケガなどはなかったのですが、周囲の雑草が約100平方メートルにわたって焼けていたことから、警察では軽トラックのタイヤが空転し、その摩擦熱が原因で枯れ草に着火したとみています。

 タイヤの摩擦熱以外にも、車の周りの枯れ草に火が着いて車両火災を引き起こすということはあります。
 よく報告されるのが、草むらなどに車を止めてエンジンをかけっぱなしにして仮眠しているとき、排気管が熱くなって枯れ草に火が着くケースです。

 いずれにしても、車の周りに枯れ草があっても気にしない人が多いのですが、枯れ草があるとそれに着火して車両火災に結びつくことがあります。
 車を止めるときには、枯れ草や段ボール等の可燃物の近くに停車させないようにするとともに、そこではエンジンをかけたままに駐停車しない、ということを心がけてください。

(シンク出版株式会社 2013.6.5更新)

運転者向け安全運転指導教材のご案内

うっかり事故を防止すれば事故は激減する!


 うっかり事故の3大要因である「先急ぎ」「わき見・漫然」「思い込み」の危険度をチェックする「うっかり事故の危険度をチェックしよう」 が好評です。

 

 この冊子は、自分がどのようなときに「うっかり」しやすいかをチェックし、危険な傾向を具体的に知ることで、ドライバーの自覚を促す教育教材です。

 

【詳しくはこちらを参照】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月8日(木

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。