2013年

6月

06日

あなたが交通事故を起こす確率は?

 あなたは、1年間に交通事故が何件発生しているか、ご存知ですか?

 

 昨年(2012年)の統計では約66万5千件です。これを単純にドライバー人口8,100万人に当てはめてみると、122人に1人が事故を起こす計算になります。ペーパードライバーも多いので、実際には100人に1人ぐらいかも知れません。

 それでは、10年間運転を続けていたらどうでしょうか?これも単純に10倍すると12人に1人という計算になります。1人で何度も事故を起こす事故惹起者がいるので、実際にはもう少し確率は低くなるはずですが、それでも100人単位で考えるのとは事情が変わってきます。


 さらに、30年間運転を続けたら……、4人に1人? 40年運転していたら、3人に1人?


 毎年、危険な人が新しくドライバーになってくるので、安全運転を続ける自分には「こんな計算は意味が無い」と思う人も多いでしょう。しかし、「事故は一部の危険なドライバーが起こしている」と決めつけると自分とは縁遠いと感じるものの、「3人に1人」と考えると「いずれ自分も事故を起こすかもしれない」という気持ちが生まれてきます。

 実際に交通事故とは、このように身近なものです。

 私達が包丁や銃で他人を傷つけるような可能性は、たとえ30年40年たっても、ほぼゼロに等しいと思いますから、自分に関係はないと思って何の問題もありません。


 しかし、交通事故は自分自身あるいは同僚や家族のだれかが、いずれ起こす可能性があります。このことを意識して、事故を防止する知恵を学ぶことは、誰にとっても決して無駄ではないでしょう。

(シンク出版株式会社 2013.6.6更新)

もらい事故でも大きな過失が発生します

  「当てられた!」自分が交通事故の被害者だと思っていたら、過失相殺で思わぬ損害賠償を請求されることが……。

 

 「もらい事故でもこれだけの過失がある」は、たとえ「もらい事故」と思われるような事故でも、実際には大きな過失割合が発生することを学ぶとともに、高額の損害賠償が生じた判例を紹介しています。

 

 「もらい事故だから仕方がない!」という意識を改め、事故防止の重要性を学ぶ教材です。

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月8日(木

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。