2013年

6月

11日

信号の変わり目に強引に進入するのはやめよう

 最近、山形県内で昨年発生した信号交差点での事故のうち、信号無視によるものが39・5%を占めており、全国ワースト1位だったという、新聞報道がありました。
 
 報道によりますと、昨年の交差点事故は2、455件あり、そのうち838件が信号交差点での事故でした。そのなかで、信号無視による事故が331件あり、交差点事故の39・5%を占めていました。

 

 全国の事故統計と比較してみると、昨年の信号交差点での事故は10万4、381件発生しており、そのうち信号無視による事故は1万9、355件(18・5%)で、山形県は2倍以上の割合となっています。

 

 山形県では、過去10年の平均をみても信号無視による事故が30%を超えており、全国平均を大きく上回っているということです。
 黄信号になっても無理に進入して横断歩行者に衝突する、などのケースが目立つということですが、これは山形県だけの問題ではありません。
 
 他の地域の人でも、交差点手前で信号が黄色に変わっても強引に交差点に進入する、なかには既に赤信号になっていてもまだ進入する、という人もいます。

 

 「周りの人がしているから、自分もしてもいいだろう」と、安易な気持ちで運転していると、いつか事故につながります。信号の変わり目に強引に突っ込むのは、絶対にやめましょう。

(シンク出版株式会社 2013.6.11更新)

ドライバー、自転車利用者双方の教育に最適

 「軽く考えていませんか?自転車事故!」は、自転車事故の代表的な事例を6つ取り上げており、事例ごとにドライバー、自転車利用者双方にどのような過失があったかを考え、どのような不安全行動が事故に結びついたかを理解することができる、ドライバー、自転車利用者双方の教育に活用できる教育用教材です。

 

【詳しくはこちら】

過去の朝礼話題

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月9日(金

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。