2013年

6月

13日

タイヤの摩耗限度が近づくとスリップしやすい

 梅雨の季節になりました。今のところ「梅雨の中休み」ということであまり雨が降っていませんが、これから本格的な梅雨になると濡れた路面を走行する機会が多くなり、スリップ事故が多発しますので油断しないようにしましょう。
 
 スピードを出せば出すほどスリップしやすくなりますが、タイヤの摩耗度も大きく関与します。すり減ったタイヤで、雨の日に濡れた道路を走行するとスリップしたり、ハイドロプレーニング現象を起こしたりして、きわめて危険な状態になります。


 下の図は、時速80キロで濡れた路面を走行したときの溝の深さと制動距離の関係を示したものですが、タイヤの残り溝の深さが、「道路運送車両の保安基準」に定められている摩耗限度の1.6ミリに近づくにつれて急激に制動距離が延びており、それだけスリップしやすい状態になっていることがわかります。
 
 皆さんご存じだとは思いますが、タイヤには残り溝1.6ミリを表す目安としてスリップサインが設けられています。このスリップサインが現れたら「整備不良」として使用禁止になりますし、車検も不合格になります。
 タイヤは、スリップ事故を防止するためにも摩耗限度ギリギリまで使用するのではなく、その前に新品タイヤと交換するようにしましょう。

(シンク出版株式会社 2013.6.13更新)

追突事故防止教育に最適

 追突事故は最も多い交通事故形態です。

 

 教育用小冊子「自分で気づこう!!追突事故の危険」は、7つの事故事例をもとに自身の運転をチェックすることができます。「わき見」「思い込み」「漫然運転」による追突事故防止に有効な教育教材です。

【詳しくはこちら】

交通安全 朝礼話題

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月5日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。