2013年

7月

08日

高血圧の人は無理な運転に気をつけましょう

 皆さんの中に血圧が気になる方はおられますか?

 血圧が高い方は、塩辛い物を食べ過ぎない、軽い運動を心がける、アルコールを飲み過ぎない、体重を減らす──など日常的に努力され降圧剤なども利用されていると思いますが、運転のときに血圧が急上昇する危険を意識していますか?

 

 特に幅員の狭い場所でスピードを出したり、無理な追越しなどストレスの高い運転操作をするとき血圧が急上昇すると言われています。健康な人でも、高速走行時や追越しのときには、20ミリほど血圧が上昇しますが、ある実験では、最高血圧160ミリの人が221ミリに上昇するなど、大変に危険な状態になることが確認されています。

 先日も三重県の高速道路で、観光バスのドライバー(44歳)が運転中に急な発作で意識を失い、結果として死亡する事故が発生しました。幸い異常に気づいた乗客が3人がかりでバスを停車させ、乗員31人は無事でした。

 バスドライバーの死因は「急性大動脈解離」で、この疾患は主に高血圧症の人に突如発生する非常に危険な病気です。循環器疾患による突然死としては、心筋梗塞に次いで2番目に多いとされています。
 発作としては突然の激しい胸や背中の痛みがありますが、まれに痛みの自覚症状が軽いこともあり、治療が遅れると死亡率が高いと言われています。

 このバスドライバーの死因には、労働環境など他にも要因があるのかも知れませんが、いずれにせよ血圧が高い方は運転中に無理をしないで、高速道路でもなるべく走行車線を走行し、車間距離をとってノンビリと運転するように心がけてください。

 

(シンク出版株式会社 2013.07.08更新)

「対自転車事故」防止指導教材のご案内

冊子内容の一例
冊子内容の一例

「軽く考えていませんか?自転車事故!」


 この冊子は、トラックや乗用車など四輪車が自転車と衝突した事故の代表的な事例を6つ取り上げています。

 それぞれの事例で、ドライバー、自転車利用者双方にどのような過失があったかを考える参加型教材となっていますので、お互いの不安全行動が事故に結びついたことを理解することができます。

 ドライバーはもちろん、自転車利用者の教育にも活用できます。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月6日(火

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。