2013年

7月

16日

衝突時の横転事故を防ぎましょう

横転事故の乗員死亡率

 最近、交通事故のニュース報道で「事故発生時に車が横転して、乗員多数が重軽傷を負った」といった事故例をよくみかけます。

 横転事故は車外放出などにも結びつきやすく乗員の被害が大きくなる傾向があります(右図)。このように危険な横転事故が発生するのはどういう原因が多いと思いますか?

 まず、横転には車の重心の高さが関係すると言われています。

 トラック・トレーラなど重心の高い車は不安定になりやすく、横転する危険性が高くなります。
 なお、交通事故総合分析センターの調査によると、実際の横転事故ではトラックの他、ワンボックス車や軽乗用車でも横転事故が多発していることがわかっています。運転技量に問題があるための操作ミスなど様々な要因がからみあっています()。

 運転操作による横転の危険で怖いのは、スピードを出しすぎていて、危険に気づいたときブレーキを踏むと同時にハンドルを切ってしまう状態です。急ブレーキと急ハンドルを同時操作すると、前輪を支点としてねじれの力が発生し、相撲で言う「うっちゃり」をかけたのと同じような力が車にかかります。
 このため、車体が浮き上がって横転しやすくなるのです。
 また、ハンドル操作だけで危険を避けようとして、スピードが出ている状態で縁石に片側の車輪を乗り上げたり、ポールやガードレールに車の側面が衝突した場合、車に横向きの大きな力がかかり横転する場合もあります。

 状況にもよりますが、危険が発生した場合、まず減速して衝突の衝撃力を少なくする努力が必要です。その後にハンドル操作で避け得るときは、操作して避けることが望ましいのですが、必要以上にハンドルを切るとかえって横転の危険を招きます。

 

 ですから、常に安全速度を守るとともに前車との車間距離を保って、緊急時の操作に余裕をもつことが大切です。

イタルダ・インフォメーション№65「車両の横転事故」より

(シンク出版株式会社 2013.7.16更新)

■ドライバーの安全意識を高める教材のご案内

軽い気持ちでした運転行動が、高い代償を生みます

 安易な気持ちでする不安全な運転行動が、事故を誘発したり大きな過失責任へと結びつくことがあります。
 小冊子「低い安全意識が高い事故の代償を生む」は6つの事故事例について、運転者の過失責任の割合を考えて回答する、参加型の指導教材となっています。

 

 自分の回答と解説を照らし合わせてみて「こんな運転行動をすると大きな過失責任を生む」といった危険をより深く理解することができます。

 

 【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月9日(金

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。