2013年

7月

25日

熱中症の予防にアイシングを

 連日猛暑が続き、熱中症でダウンする人が増えています。

 

 熱中症の予防の基本は、こまめな水分補給と適切な休息ですが、最近ではスポーツ選手が行っているアイシング(身体の一部を冷やすこと)の手法も効果があるといわれています。
 
 アイシングは、スポーツ選手が運動後の疲労回復を目的に行っていたものですが、最近ではプロ野球のピッチャーが、試合で投げた後にビニール袋に氷水をいれたアイスバックで肩や肘を冷やしている姿を見かけますので、ご存じの方も多いと思います。

 

 身体に熱がこもって辛いと感じたときに、アイスバックを首筋や脇の下など皮膚の下に太い血管が通っている場所にあてることで、熱のこもった身体を冷やす効果があると言われているのです。

 

 氷を入れたアイスバックでなくても、氷水で冷やしたタオルなどでも代用することができます。冷やしたタオルを首筋などに当て、冷たさを感じなくなったら再び冷水に浸す。これを2~3回繰り返します。
 
 また、全身の疲労回復のために、アイシングの効果を取り入れた「温冷交代浴」もおススメです。


 湯船に3分程度つかってからシャワーで冷水を2分程度浴び、再び湯船につかるという方法を2~3回繰り返します。これによって、全身の血流を改善し、疲労の蓄積を防ぐのです。


 夏場は、体調不良に陥りやすいので、徹底した体調管理に努めてください。

 

(シンク出版株式会社 2013.7.25更新)

運転者心理に潜む危険を診断する交通テスト

自己診断テスト「運転者心理に潜む危険をチェックしよう」は、日頃の運転を振り返り、48の質問に「ハイ」「イイエ」で答えていただくと、「急ぎの心理の危険」、「怒りの心理の危険」など、運転者心理に潜む6つの危険について診断することができます。

【詳しくはこちら】

交通安全 事故防止 朝礼話題

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月5日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。