2013年

7月

29日

車の高さを忘れないようにしましょう

 車に乗っていると、自車の高さというものを忘れがちです。道路幅や対向車との距離などは常に変化するので、いつも左右の車両感覚を意識していても、上が「つかえる」ということは頭になくなります。
 しかし、トラックやバスなどの大型車、あるいは荷台に荷物を載せているときには車高が高いため、意識していないと車両上部が衝突する場所も少なくありません。

 最近も、次のような車体上部の衝突事故が発生しています。

■大型バスが高さ制限バーに衝突

 7月20日午前11時前、横浜市神奈川区にあるトンネルの入り口で高校生を乗せた大型バス(高さ3.3m)がトンネルの入り口に設置してある高さ制限を示すバー(2.8m)に衝突しました。事故の衝撃で運転していた男性教諭を含む15人が軽傷を負いました。

 こうしたトンネル・ガードの手前だけでなく、工場などの構内における車体接触事故も多発しています。車両の高さは通常は3.8mが上限ですが(※)、構内ではこれより低い位置に電線が張ってあったり、エアコン室外機などが張り出している場所があるからです。
 そうした場所には、通常「高さ制限3m以下!」「大型車両進入禁止」などの表示がしてありますが、これを軽視して車を動かすと車体が架線を切ったり、施設に衝突することがあるので注意しましょう。

(シンク出版株式会社 2013.7.29更新)

 

 道路管理者が高さについて指定した道路については 4.1mまで認められます)

乗務員安全運転教育資料のご案内

キーワードでわかる

トラックドライバー教育資料の決定版

 

「運行管理者のためのドライバー教育ツール」は、国土交通省告示:「貨物自動車運送事業者が事業用自動車の運転者に対して行う指導及び監督の指針」の11項目に準拠したトラック乗務員教育資料です。

 毎月計画的に「指導・監督」を実施し、「乗務員指導記録」を残すことができます。各項目の教育資料は、3コマのイラストとワン・ツー・スリーの3つのキーワードが示され、わかりやすく頭に入りやすいドライバー教育ツールとなっています。

 【詳しくはこちらを参照

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月5日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。