2013年

8月

08日

路側帯と車道外側線の区別がつきますか?

車道外側線
車道外側線

 さる6月14日、改正道路交通法が公布され、自転車等の軽車両が通行できる路側帯は、左側に限定されることになりました。

 ちなみに、「路側帯」は歩道が確保できにくい狭い道路などに設けられており、路側帯を示す標示には、一本の実線、破線と実線、二本の実線の3種類があります。

 一本の実線、破線と実線で区分された路側帯は、歩行者と軽車両が通行できますが、二本の実線で区分された路側帯は、歩行者しか通行できません。
 
 ところで、「路側帯」以外で道路左端に一本の実線が引かれているところがあるのをご存じでしょうか。

 それは、歩道が設けられている道路で、車道の左端に白い一本の実線が引かれているところです。この部分は、一見「路側帯」と勘違いしやすいのですが、これは「車道外側線」と言い、「路側帯」を構成するものではありません。

 ここは「路側帯」ではありませんので、この車道外側線と歩道の間も車道として扱われます。ここを歩いたり、自転車で通行するときには注意しなければなりません。

 日頃、何気なく見ている道路端の線も、いろいろな意味がありますので、その意味を十分に理解して運転することが重要です。

(シンク出版株式会社 2013.8.8更新)

「運行管理者・配車担当者手帳」好評発売中!

運行管理に必要な情報を厳選して収録した「運行管理者・配車担当者手帳」。

 

2014年版から「最新の法令改正情報」や「Gマーク取得のための安全性評価項目配点基準」など資料を充実させ、2015年版からは、一部の資料について弊社WEBサイトより詳しいデータをダウンロードしていただけるようになりました。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月9日(金

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。