2013年

9月

13日

悪質な貨物運送事業者は運輸支局に即、通報されます!

■適正化事業実施機関からの通報の仕組みを整備──10月1日施行

 トラック運送事業に関して、適正化事業実施機関(トラック協会)が国土交通省に悪質な事業者を即時報告する仕組みが整備され、連携の枠組みが強化されました。

 平成25年10月1日から、この速報制度が施行されます。

 

 適正化実施期間が事業者に対して巡回指導や改善指導を行った結果、悪質性の高い営業所については国に報告され、優先的に監査を受けることになります。

 

 たとえば、「点呼が全く未実施」などとされ指導された事業所、「整備管理者や運行管理者が未選任」と確認された事業所は即通報の対象となります。

 また、「輸送の安全確保について非常に悪い(E評価)」とされた事業所などは3か月以内に改善措置を報告しない場合は定期的に通報され、優先的な監査対象となります。

 処分・監査方針も大幅に強化されましたので、適正化機関に通報されるような企業では、今後、事業停止に追い込まれる営業所が大幅に増えるのではないかとみられています。

 

※点呼の記録がなかったり指導・監督の記録が残っていない場合、「点呼をしていない」

 「指導・監督をしていない」と見なされます。

※以下のような点で思い当たる事業所は早急に対策をとりましょう。

 

運転者に対する点呼の記録を示すものが全くない

(点呼記録簿がない、点呼時の指導資料がない)

指導・監督の実績を示すものが全くない

(指導の計画表・結果表がない、指導・監督に使用した資料がない)

3か月定期点検をしていない。または定期点検整備記録簿がない
4台に減車したあと、営業所の運行管理者を選任していない

 

■国土交通省などが発行したリーフレット

適正化事業実施機関から速報
適正化機関 速報制度

■貨物運送事業の経営者、管理者向けのリスクマネジメント参考書

 

 参考書「事例・判例から見る貨物運送事業の危機管理術」は、厳しい刑事処分や行政処分を受けた事例を中心に、危機管理のポイントをイラストと図解を中心にわかりやすく解説しています。

 

 運行管理や労務管理の見直し、危機管理対策の構築に役立つ貨物運送事業者必携の1冊です。

 

 【詳しくはこちら】

■「指導及び監督の指針」に基づく教育に最適のテキスト

 

 全国の貨物運送事業者の皆様に活用されているベストセラー「運行管理者のためのドライバー教育ツール」をぜひご活用ください。

 

 「指導及び監督の指針」に基づく11項目にそった管理者用指導資料12枚とイラスト入りのドライバー向け教材が36枚収録されています。すぐに現場で使用でき、乗務員指導記録用紙も添付されています。

 運行管理者必携の1冊です。

 

 【詳しくはこちら】

■2016 運行管理者・配車担当者手帳 発売!

 「2016運行管理者・配車担当者手帳」は、運行管理者として知っておきたい知識を「法令編」「知識編」「データ編」にまとめ、一冊の手帳に収録しています。カレンダーやメモ欄も充実の内容でスケジュール管理も万全です。

 

一部の資料について専用WEBサイトからより詳しいデータをダウンロードしていただけます。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月9日(金

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。