2013年

9月

25日

大きな店舗の周辺では交通流の変化に注意を

 幹線道路沿いに大きなショッピングモールなどがオープンすると、道路規制が変わったり新しく信号などができることがありますね。

 こうした場所では、交通の流れが変化しやすいことに気をつけてください。
 ショッピングモールの駐車場に入る車の列ができて、時間帯によって特定車線の渋滞が発生しやすくなります。

 また、右折横断して店舗に入る車のため、専用右折レーンができることもあります。右折のため急いで進路変更したり減速する車なども増えますので、追突や接触に注意しましょう。

 大規模な店舗の場合、交通誘導のためのガードマンの配置を義務づけられることもあり、混雑が予想される時間帯はガードマンによる安全誘導が行われます。
 四輪車は交通規制やガードマンの誘導に従って行動するので比較的安全ですが、気をつけておきたいのは自転車などの行動です。


 右折レーンや信号の場所などとは関係なく、突然、自転車が道路の左端から車道の方に出て、対向車線側の店舗に向って横断することがあるからです。上の事故事例のように、自転車利用者は店舗の自転車置場などを探していて、最短距離で横断する危険性があります(「軽く考えていませんか?自転車事故!」(シンク出版発行)より)。

 自分は店舗に入るつもりはないので「関係ない」と軽く考えないで、こうした大規模店舗の近くでは、「前方の車が、急に減速したり進路変更するかも知れない」、「自転車が店舗に入るため横断するかもしれない」といった危険を予測することが大切です。

 

(シンク出版株式会社 2013.9.25更新)

■ 運行管理者・配車担当者手帳 好評発売中

 運行管理に必要な知識と最新情報を厳選して収録した「運行管理者・配車担当者手帳」。

 

 一部の資料については、より詳しいデータを専用WEBサイトからダウンロードしていただけるようになりました。

 

 カレンダー機能も充実していますので、スケジュール管理がしやすくなっています。

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月9日(金

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。