2013年

10月

15日

低速度でも事故は起こります

パトカー歩行者衝突事故

 先日は、スピードを出すことの危険についてお話しました。スピードを出すと(とくに制限速度違反をすると)死亡事故になる率が上がります。そのとき、低速度でも交通事故は起こるとしましたが、実際に交通事故の大半は時速30キロ以下で発生しています。

 危険認知速度別()にみた交通事故の統計では、交通事故の4件に3件(76.5%)は時速30キロ以下で発生しています。さらに、3件に1件(38.3%)は時速10キロ以下での発生です(平成24年中交通事故統計より)。
 このことは、低速度でも油断は禁物であることを示しています。

 先日も、北海道札幌市の市道で昼間の2時45分ごろ、時速5~10キロの低速でパトロール走行していたパトカーが、徒歩で道路を横断していた7歳の女児をはねるという事故が発生しました。幸い軽傷事故ですみましたが、パトカーを運転していた警察官のわき見運転が原因です。
 駐停車車両の取締りをしていて「左側に駐車されていた車両に気を取られ、確認を怠った」ため、女の子の発見が遅れたそうです。

 安全運転を指導する立場の警察官でも「うっかり」油断することがあるのです。他山の石として、私達も低速走行時に自分がわき見しやすいことを警戒しましょう。
 とくに、ガソリンスタンドを探していたり、買い物のためショッピングモールに入ろうとしているときなどは、無意識に速度を落としてわき見をしやすいので注意が必要です。たとえ減速しても、「横断歩行者などがいるかも知れない」と危険を予測し、長時間前方から目をそらすことのないように気をつけてください。

 

※危険認知速度=事故直前に危険に気づいたときの速度

(シンク出版株式会社 2013.10.15更新)

■物流・運送の運行管理者・配車担当者必携のスケージュル手帳

 運行管理に必要な情報を厳選して収録した、「運行管理者・配車担当者手帳」。 

 

 2015年版からは、一部の資料について弊社のWEBサイトより詳しいデータをダウンロードしていただけるようになりました。

 

 また、カレンダー機能が充実していますので、スケジュール管理を快適に行っていただくことができます。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月8日(木

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。