2013年

11月

06日

自転車の行動特性を理解して自転車事故を防ごう

 最近参加した安全運転セミナーのなかで、自転車事故の原因を自転車の行動特性から分析したお話がありました。


 今日は、そのなかから「自転車を利用する人の意識」から見た行動特性を紹介します。まず、あげられるのが「自転車を車両として認識していない」ということです。そのため、次の2つの行動に結びついて、事故を起こやすいというのです。


 一つは、歩道のない道路で左側通行をせずに右側通行をするために、対向してくる自動車や自転車などと事故を起こす可能性が高くなるということです。
 二つ目は、歩道を自由に通行するので、歩道にいる歩行者の通行を妨げて事故になりやすくなります。
 
 次は、「早く目的地に着きたい」という意識で、それが次のような危険な行動に結びつきます。


 一つは、停止したくないために、一時停止を怠ったり、信号を無視したりする行動になります。
 二つ目は、最短距離で進みたいために、交差点で右折するときには右側通行、左折するときには左側通行をします。

 

 こうした行動が、交差点での出合頭事故などに結びついているということです。車を運転するときには、上記のような自転車の行動特性をよく理解して、自転車との事故を防止するような運転を心がけてください。

(シンク出版株式会社 2013.11.6更新)

■自転車との交通事故を防ぎましょう

 

 「軽く考えていませんか?自転車事故!」は、四輪車が自転車と衝突する事故の代表的な事例を6つ取り上げています。

 事例ごとにドライバー、自転車利用者の双方にどのような過失があったかを考え、どのような不安全行動が事故に結びついたかを理解することができます。

 ドライバーの対自転車事故防止教育に最適です。

 

 また、自転車通勤の従業員など自転車利用者教育にも活用できる教材です。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月6日(火

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。