2013年

11月

15日

最先端技術も運転の補助装置と考えておこう

体験試乗会に使用されたCX-5
体験試乗会に使用されたCX-5

 さる11月10日、埼玉県の自動車ディーラーが乗用車に搭載されたブレーキ自動制御機能を体験させる試乗会を開催しているときに、車が停止せずにフェンスに衝突する事故がありました。
 この試乗会では、発車地点から約7m先にマットをつるし、その前で停止するようになっていましたが、なぜか停止せずに約6.6m先にあった金網フェンスに衝突したものです。
 
 自動車の安全運転をサポートする技術は日々進化しており、最近では盛んにこうしたブレーキ自動制御機能の宣伝がされています。
 この種のコマーシャルを見ていると、障害物に衝突しそうになったときにどんなときでも運転者が何をしなくても自動的に停止するように錯覚しますが、実は自動停止するにはいろいろな条件があります。
 ほとんどの装置は、完全に停止するのはおおむね時速30キロ以下の低速のときに限られており、それ以上のスピードになると100%完全に停止するとは限りません。
 また、前方の障害物を検知するセンサーも完全ではありません。夜間であったり逆光のときや雨のときには正確に作動しないとか、横から飛び出してくる人を認識できないなど、すべての障害物に対応できている訳ではありません。

 ブレーキ自動制御機能などの最先端技術は、あくまでも運転者をアシストする補助装置であることを肝に銘じておきましょう。

(シンク出版株式会社 2013.11.15更新)

■2015 運行管理者・配車担当者手帳 好評発売中!

 運行管理に必要な情報を厳選して収録した、「運行管理者・配車担当者手帳」を好評発売中です。数に限りがありますので、お申込みの方はお急ぎください。

 

 2015年版より、一部の資料についてWEBサイトからより詳しいデータをダウンロードしていただけるようになりました。

 

 また、カレンダー機能も強化していますので、スケジュール管理も快適に行っていただくことができます。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月5日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。