2013年

11月

29日

安全地帯の側方を通過するときは徐行で

富山市の路面電車
富山市の路面電車

 皆さんは、路面電車が停車する場所にある島状になった安全地帯はご存じだと思います。
 では、安全地帯は何のためにあるか知っていますか。


 これは、言うまでもなく、路面電車に乗降する人の安全を守るための施設です。
 ですから、車のドライバーがこの安全地帯の側を通過するときには、歩行者の安全に配慮した運転が求められています。


 道路交通法第71条第3号には、「車両等の運転者は、道路左側部分に設けられた安全地帯の側方を通過する場合、その安全地帯に歩行者がいるときは、徐行しなければならない」と定められており、歩行者がいるときには、徐行しなければなりません。
 ところが、さる11月22日午後11時ごろ、富山市の県道で路面電車から降りて横断歩道を横断していた大学生が、左から来た車にはねられ、意識不明の重体となる事故がありました。


 車を運転していたドライバーは、「前をよく見ていなかった」などと供述しているそうですが、安全地帯の側方を通過するのに、歩行者の安全を守るという意識がまったくない、ドライバーと言わざるを得ません。
 安全地帯があるということは、そこには乗降客がいる可能性が高いということです。そういう場所では、法律に定められていなくても、徐行が当たり前のドライバーになりたいものです。

(シンク出版株式会社 2013.11.29更新)

「運転における危険回避力をチェックしよう」新発売!

セルフチェックシリーズ第6弾「運転における危険回避力をチェックしよう」は、運転におけるリスクテイキング(危険敢行性)を知ることで、交通事故防止をはかる参加型教育教材です。

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月5日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。