2013年

12月

13日

ブレーキのメンテナンスは大丈夫ですか?

 国土交通省では、整備不良が原因となった事故を分析したところ、ブレーキ関係の整備不良に関する事故が全体の約2割を占めているところから、次のようなブレーキ関係のメンテナンスを呼びかけています。


1・ブレーキオイルの交換
 ブレーキオイルは、経年劣化するために、長年交換せずの使用していると、空気中の水分を吸収したりして沸点が下がります。
 このような状態になると、ブレーキを使用したときにブレーキオイルが沸騰して気泡が発生して、ブレーキの利きが悪くなる、ベーパーロック現象が発生して、停止距離が長くなる恐れがあります。
 ブレーキオイルは、メーカーが車両ごとに推奨する交換時期を参考にして定期点検等の機会に交換してください。
 
2・ブレーキホース等の点検整備
 ブレーキホースも、経年劣化などにより亀裂や損傷が発生することがあります。
 そのまま放置していると、やがてはホースに穴が開き、ブレーキオイルの漏れにつながります。液漏れが発生すると、ブレーキをかけたときの停止距離が長くなり、最悪の場合、ブレーキが利かなくなったりします。
 ブレーキホース等の亀裂や損傷の有無は、こまめに点検すれば容易に発見できますので、確実に点検してください。 


(シンク出版株式会社 2013.12.13更新)

※国土交通省のブレーキ装置発表資料は → こちらを参照してください

■運転時にどんなリスクを取りやすいかをチェックしましょう

 セルフチェックシリーズ第6弾「運転における危険回避力をチェックしよう」は、運転時にリスクテイキング(危険敢行性)をする傾向を知ることで、交通事故防止をはかる参加型教育教材です。

 

 事故の可能性がある場面に出会ったとき、あえて危険な行動を取る傾向がないか、リスクを軽視する傾向がないか、自分がどのようなリスクを犯しやすいか──などがチェックできます。イラスト入り解説を読むことで、運転時に気をつけるべきポイントを自覚することができます。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月5日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。