2013年

12月

18日

スタッドレスタイヤの制動距離を過信しないで!

 今年は冬の寒さが早くやってきましたので、寒冷地のドライバーはスタッドレスタイヤに履き替えられていると思います。
 スタッドレスタイヤの性能は、日々進化しているとは思いますが、それでも凍結路や雪道での制動距離は、乾燥路面と比べものにならないくらい長くなります。
 
 ところが、最近のスタッドレスタイヤのテレビコマーシャルを見ていると、あたかも滑りやすい路面でもピタッとすぐに止まれるような印象を与えるものばかりです。メーカーとしては、制動距離の性能の向上をアピールしたいわけですから、当然このような映像を流すのだと思いますが、問題は使う人が勘違いしないことです。

 当然のことながら、スタッドレスタイヤは万能ではありません。雪道や凍結道では、どんな性能のよいスタッドレスタイヤでも、タイヤチェーンを装着した車と同じようには止まれませんし、ましてや乾燥路面と同じようにはいきません。

 それを、少々スピードを出していても、ピタッと止まれると思って運転していると、スリップしてとんでもない事故を起こすことになります。スタッドレスタイヤを装着していても、夏タイヤよりも少し安定して走行できる程度と考え、スピードを抑えて慎重な運転をお願いします。

(シンク出版株式会社 2013.12.18更新)

■運転時にどんなリスクを取りやすいかをチェックしましょう

 セルフチェックシリーズ第6弾「運転における危険回避力をチェックしよう」は、運転時にリスクテイキング(危険敢行性)をする傾向を知ることで、交通事故防止をはかる参加型教育教材です。

 

 事故の可能性がある場面に出会ったとき、あえて危険な行動を取る傾向がないか、リスクを軽視する傾向がないか、自分がどのようなリスクを犯しやすいか──などがチェックできます。イラスト入り解説を読むことで、運転時に気をつけるべきポイントを自覚することができます。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月5日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。