2013年

12月

24日

運転代行の随伴車に乗るのは違法です

運転代行随伴車

 忘年会のシーズンになり、酒を飲んで運転代行を利用する機会も多いと思います。
 運転代行を利用する人のなかには、飲食店から少し離れた駐車場の間などで随伴用自動車に乗る人がいて、「白タク行為」として問題になっています。
 
 ご承知だとは思いますが、運転代行の業務は酒を飲んで車を運転できないドライバーの車を、代わりに運転することに限定されています。
 随伴車は、代行運転をした自社の運転者を乗せて帰るために付いていくのであって、酒を飲んだ人を自宅に送迎したり、随伴車に乗せて駐車場まで送るための車ではありません。
 当然こうした行為は、「白タク行為」に当たるために禁止されていますし、今年3月の制度改正で、こうした「白タク行為」に対する行政処分も強化されています。
 
 白タクを拒否すると、「お前のところはサービスが悪いな」とか、「もう二度と頼まれないぞ」と言われたりして、客の減少につながるために、しぶしぶ引き受けている業者もいます。
 運転代行を頼む人のなかには、「随伴車に乗るのは当たり前」だと思っている人もいると思いますが、それは運転代行業者に違法行為をさせていることに他なりません。
 
 運転代行を利用する人は、随伴車に乗るのは禁止されていることを意識して、健全な利用を心がけてください。

 

(シンク出版株式会社 2013.12.24更新)

運転時にどんなリスクを冒しやすいかチェックしましょう

 セルフチェックシリーズ第6弾「運転における危険回避力をチェックしよう」は、運転時にリスクテイキング(危険敢行性)をする傾向を知ることで、交通事故防止をはかる参加型教育教材です。

 

 事故の可能性がある場面に出会ったとき、あえて危険な行動を取る傾向がないか、リスクを軽視する傾向がないか、自分がどのようなリスクを犯しやすいか──などがチェックできます。イラスト入り解説を読むことで、運転時に気をつけるべきポイントを自覚することができます。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月9日(金

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。