2014年

3月

07日

高速の事故ではガードレールの外に避難しよう

高速道路ではガードレールの外に避難を
写真は本文中の事故と関係ありません

 最近、高速道路で事故や故障などのため停止した車の乗員が、処理のために本線上にとどまり、後続車にはねられる事故が多発しています。

 さる1月24日午前2時44分ごろ、兵庫県三木市の山陽自動車道で大型トラック2台が追突事故を起こし、双方の運転手が車から降りて事故処理をしていたところ、約20分後に後続の大型トラックがそのうちの1台の大型トラックに追突し、ぶつけられたトラックの運転者が車とガードレールの間に挟まれて死亡しました。もう一台の大型トラックの運転者は、ガードレールの外に避難していて、無事だったということです。

 また、同日兵庫県淡路市の神戸淡路鳴門自動車道でも、横転した中型トラックに別の中型トラックが追突し、事故処理のために高速道路上にいた運転者が死亡する事故が起きています。

 これらの事例を見るまでもなく、高速道路の本線上にとどまるのは非常に危険です。万が一、車両にトラブルがあった場合には、後続車に追突されないように可能な限り路肩や非常駐車帯に車を入れ、本線上では事故処理や故障修理などをしないことです。


 また、停止車両の後方に三角停止表示板を置くなどの2次災害の防止措置を行った後は救援を呼び、ガードレールの外に避難しておくのがいちばん安全です。救援を呼んだ後に、車内にとどまっている人がいますが、路肩のなかに停止していても追突されることがあるので、車内にいるのも危険です。


(シンク出版株式会社 2014.3.7更新)

 

※内閣府広報室の政府広報オンラインでは、高速道路の安全

 走行や事故・トラブル時の措置について紹介しています。

 高速道路ドライブをする前には参考にしてください。

 

 → 高速道路の安全ドライブ3つのポイント

■運転時の危険予測能力を向上させよう

見えない危険をイメージするKYT

危険予測トレーニングツール

「見えない危険を読むイメージ力を高めよう」のご案内

 

 様々な危険要因が含まれた運転場面を6つ取り上げ、「見えている危険」だけでなく、「見えない危険」をイメージすることで、危険予測能力の中でもとくにメタ認知能力を高めることをねらいとした冊子です。

 

 また、危険を見落としやすい心理状態を考えることで、「心理的な落とし穴」にも気づくことができる内容になっています。

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月5日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。