2014年

5月

13日

子どもをシートベルトで遊ばせないで

写真と本文中の事故とは無関係です
写真と本文中の事故とは無関係です

 4月4日の朝礼話題で、シートベルトのロック機能の話をさせていただきました。

 

 そのとき、最近のシートベルトはALR(自動ロック式ベルト巻取装置)付きのELR(緊急ロック式ベルト巻取装置)シートベルトがほとんどなので、シートベルトで子どもを遊ばせていると、ベルトが緩められなくなり思わぬ事故を引き起こす危険性があるということを指摘しました。

 さる5月4日、シートベルトに絡む事故が実際に起きてしまいました。香川県三豊市の四国横断自動車道を走行していた軽乗用車の後部座席に乗っていた小学2年生(7歳)の男児がシートベルトで遊んでいて首が絞まり、意識不明の重体に陥ったのです。報道によりますと、後部座席には男児と9歳の兄が乗っており、シートベルトは金具を固定した状態ではなく、シートベルトで遊んでいて絡まり首が絞まったらしい、ということです。

 どのように首が絞まったのかわかりませんが、ALR付きELRシートベルトは、普通にシートベルトを引き出すことができますが、すべて引き出すとALR機能に切り替わり、巻き込み方向にしか動かなくなります。シートベルトで遊んでいるうちに巻き込み方向にしか動かなくなり、首が絞まったのではないかと思われます。

 絶対に、子どもをシートベルトで遊ばさないようにしてください。

 

(シンク出版株式会社 2014.5.13更新)

■見えない危険を読む危険予測ツール

 小冊子「見えない危険を読むイメージ力を高めよう」は、様々な危険要因が含まれた運転場面を6つ取り上げ、「見えている危険」だけでなく、「見えない危険」をイメージすることで、危険予測能力を高めることをねらいとしています。


 また、危険を見落としやすい心理状態を考えることで、「心理的な落とし穴」にも気づくことができる内容になっています。

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月5日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。