2014年

7月

11日

夏休み中の飲酒運転に注意

 もう少しすると、子どもも夏休みに入ります。
 夏休みに入ると、家族や友だちとレジャーや帰省などで車で遠出をする機会が増えます。
 警察庁では、過去5年間の交通事故を分析し、夏に増加傾向がある交通事故の特徴とその対策を発表しました。
 それによりますと、7、8月は飲酒運転による事故が増加することが分かりました。
 飲酒事故は年末に多発をしているのですが、夏場もそれに次いで発生しているのです。とくに、7月中旬の「海の日」前後の3連休の時期と8月中旬のお盆の時期に増える傾向があり、死亡事故は20~30歳代のドライバーが半数を占めているということです。
 
 この時期は、車で海水浴やバーベキューなどに出かけて、開放的な気分からつい酒を飲んでしまうことがあります。
 酒を飲んでも、「ビールくらいなら汗で出てしまう」とか「帰るまでに時間もあるし、少し休んだら大丈夫だろう」と甘く考えているのでしょうが、酒は短時間では抜けません。

 遊びに出掛けて気が緩むのはわかるのですが、その気分のままで飲酒運転をしてしまうのは、あまりにも思慮が足らないと言わざるをえせん。
 夏休み前にもう一度、「飲酒運転は絶対にしない」ということを誓ってください。

(シンク出版株式会社 2014.7.11更新)

■自身の「飲酒習慣の危険」をチェックできる小冊子

セルフチェックシリーズ「飲酒習慣の危険度をチェックしよう」は、「ハイ、イイエ」で回答することにより、自身の飲酒習慣における危険性をチェックすることができます。

アルコールと運転をテーマに、正しい知識を身につけていただくことのできる教育用教材です。

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月8日(木

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。