2014年

9月

03日

「思いやり」と「ルール」は表裏一体

 ドライバーが歩行者や他車に対して「思いやり」を持って運転することが大切なことですが、「思いやり」と「ルール」は違うものだと思っていませんか?
 
 たとえば、信号のない横断歩道があり歩行者が立っているとします。このとき、ドライバーが横断歩道の手前で停止して歩行者を先に横断させたとき、ほとんどの人は「思いやり」のある運転だと思うかもしれません。

 確かに、「思いやり」があるのは事実ですが、この行為は交通ルールとしてもハッキリと定められており、単にルールを守って運転しただけなのです。このように、「思いやり」と思って運転していることが、実は交通ルールでも定められているということはいくらでもあります。

 「思いやり」だと思って運転していると、少しイライラしたり、急いでいたりすると、「いつもは譲ってあげるのだけど、今日は少し急いでいるから」と自分に言い訳して通過することがあります。逆に、これを交通ルールだと認識していれば、いつも歩行者などに先を譲ることができます。
 
 自分が「思いやり」と思っている運転行為のほとんどは、交通ルールにも定められていますので、いつも交通ルールを守るという意識で「思いやり運転」を心がけてください。

 

(シンク出版株式会社 2014.9.3更新)

■運転をするにあたっての、心構えを見なおしてみましょう

 自己診断テスト「安全運転の心構えをチェックしよう」は、「交通弱者に対する意識」、「自分自身を律する意識」、「法令遵守の意識」など運転に対する6つの心構えを診断することができます。運転にあたって、どのような心構えが欠けているかを簡単に診断することができる交通テストです。

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月6日(火

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。