2014年

9月

05日

緊急自動車のサイレンに注意しよう

 消防車やパトカーなどの緊急自動車がサイレンを鳴らして後ろから近づいてきたときには、道路左側に寄って緊急自動車に進路を譲っていますよね。走行している道路が一方通行の場合には、状況によって右側に寄ってもよいことになっています。
 しかし、緊急自動車が交差点に近づいて来たとき、交差道路にいる車はどうするのでしょうか。
 進路を譲る必要がありませんので、交差点手前で停止して緊急自動車が通過するのを待っていると思います。

 さる8月31日、そうした車に後続車が追突する事故がありました。愛知県豊橋市の国道で緊急走行中のパトカーが交差点に進入したため、交差道路で停止したバイクに後続車が追突したのです。
 パトカーは、交通事故現場に向かうためにサイレンを鳴らして赤信号の交差点に進入したもので、バイクは青信号でしたが停止してパトカーの通過を待っていました。

 後続車がなぜ停止したバイクに気づかなかったか定かではありませんが、車内で大きな音で音楽を聞いていたりすると緊急自動車のサイレンが聞こえないことがあります。そうすると、突然停止する前車に気づくのが遅れたりします。
 運転中は、ラジオのボリュームなどを下げて、緊急自動車などのサイレンを聞き洩らさないようにしてください。

(シンク出版株式会社 2014.9.5更新)

■出会い頭事故の危険に気づいて事故を防ぎましょう

冊子「自分で気づこう!!出会い頭事故の危険」は、出会い頭事故の発生する要因を6つに分類し、それぞれの要因別に事故事例とデータを紹介しています。

 

また事例に関連した設問を設定していますので、自分自身にどういった出会い頭事故の危険が潜んでいるかを気づいていただくことができます。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月8日(木

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。