2015年

3月

09日

経路上の危険を意識してみよう

 事業所の事故防止活動の一つで、運行ルート上にある危険箇所マップを作成して、全員に注意を促す方法があります。


 この活動は、頻繁に走行する経路上で危険と感じる箇所について、そこにどのような危険があるのか、どのように走行したらよいかなどをまとめて「交通安全情報マップ」を作成し、運転者に周知するというものです。
 
 こうした活動をプライベートの運転でも取り入れてみたらどうでしょうか?


 プライベートの走行でよく利用するルートのなかで、どこにどんな危険が潜んでいるかを考えてください。
 たとえば、あの交差点では信号無視の自転車をよく見かけるなど、日頃運転していて感じている危険要因を思い浮かべてください。


 そして次に、事故防止の対策を考えます。
 左側に建物があって見通しが悪いので、青信号でも左側を確認しながらゆっくりと走行しよう、といったことです。
 
 安全情報を地図に記入すればよいのですが、プライベートだとなかなかできません。
 しかし、こうしたことを意識するだけでも効果があると思いますので、ぜひ実行してみてください。

 

(シンク出版株式会社 2015.3.9更新)

■あなたの運転知識は間違っていませんか?

小冊子「大丈夫?あなたの運転知識」は、ドライバーが勘違いしやすい交通ルールや、標識・標示などの意味、運転知識をQ&A形式でチェックし、正しい運転知識を身につけられる交通違反、交通事故防止のための教育教材です。

 

※監修

 信田正美(元・岐阜県警察本部交通部管理官)

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月5日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。