2016年

2月

12日

荷物を落ちないように置こう

助手席に書類等をおかないようにしましょう
助手席に書類等をおかないようにしましょう

 車に乗り込んで運転するときに、持っていたかばんなどを助手席に置いたり、書類などをダッシュボードの上に置いたりすることがありませんか?

 

 このように何気なく置いた荷物が運転中に落ちてきて、思わぬ事故を起こすことがありますので、荷物の置き方には注意しなければなりません。

 

 さる2月3日午後0時半ごろ、新潟県上越市のコンビニに軽乗用車が突っ込む事故がありました。

 

 運転していた78歳の男性は「かばんが足元に落ちて、ブレーキの下のかばんが挟まって、ブレーキが完全にきかないから突っ込んでしまった」と話しています。

 

 運転中にブレーキを掛けたりハンドルを切った反動で、荷物が下に落ちてきて、それを手で押さえようとしてわき見運転になったり、この事例のようにブレーキの下にものが挟まってブレーキが十分に踏めずに事故になったりすることがあります。

 

 車内に荷物を置くときには、多少の反動でも荷物が動かない場所に置くようにしましょう。

 

(シンク出版株式会社 2016.2.12更新)

■追突事故防止指導教材のご案内

 多発する追突事故の原因の多くは、わき見や漫然運転など運転者のうっかりミスであり、事故防止対策には、運転者の追突原因に対する気づきが重要です。

 

 教育用小冊子「自分で気づこう!!追突事故の危険」は、7つの事故事例をもとに自分自身の運転態度をチェックすることができ、「わき見」「思い込み」「漫然運転」による追突防止のための有効な教育教材となっています。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月5日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。