2016年

3月

10日

高齢ドライバーの死亡事故率は高い

 警察庁が昨年1年間に全国で発生した交通死亡事故について分析したところ、ドライバー10万人あたりの死亡事故件数は全年齢平均で4.4件でしたが、80歳から84歳までの事故件数は11.5件で平均の約2.6倍高くなっていることがわかりました。また、75歳から79歳までの死亡事故件数は7件で、平均のおよそ1.6倍高くなっています。

 

 自分自身も年を取ってきて60歳を過ぎていますので、高齢になればなるほど事故を起こす確率が高くなるのは理解できますし、ある意味当然だと思います。

 

 確かに若いときに比べて視力が低下して物が見えにくくなっていますし、反射神経なども確実に衰えていると感じることが少なくありません。

 

 そのため、自分自身では安全に運転できていると思っているのですが、傍から見るととてもヒヤヒヤする運転をしていて、家族に指摘されることもあります。

 

 ですから、私自身はいつ運転をやめるかということはいつも考えています。

 

 車を運転するということは、大きな鉄の塊を動かすわけですから、一歩間違えれば人の命を奪ってしまう可能性を常に持っていることを忘れないで、車の運転をやめるタイミングを間違えないようにしたいと思っています。

(シンク出版株式会社 2016.3.10更新)

■他者の事故体験から安全運転を学ぶDVD

DVD「注意一秒怪我一生」は、事故を起こした4人のドライバーが自らの体験を語り、なぜ事故が起こったのかを解き明かし、事故防止のポイントを学ぶことのできる交通安全教育用ビデオです。

 

監修・指導:大久保堯夫(日本交通科学学会顧問・日本大学名誉教授)

製作:斉藤プロダクション

カラー26分(短縮版15分)

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月9日(金

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。