2016年

3月

31日

悪質な違反走行をする車に注意

 最近テレビ報道で見たのですが、片側1車線道路の交差点を右折しようとする軽自動車が、信号の手前で対向車線側の歩道に入り、そこからそのまま歩道を走行して交差道路に抜けて右折していく映像が話題になっています。

 

 テレビ映像を見る限り、歩道も広くガードレールなどの障害物もないために、そのような行動が可能だったようですが、だからと言って車が歩道を走行するというのは、とうてい許される行動ではありません。

 

 ドライバーなら誰でも知っていますが、車は車道を通行しなければなりませんし、例外的に歩道を通行できるのは駐車場など道路外の施設に出入りするときだけです。

 

 たぶん、ほんの数分の信号待ちの時間を惜しんでしているのだと思いますが、その時間の短縮分と引き換えに負わなければならないリスクの大きさを考えると、割のあう行動ではないことは誰でもわかることだと思います。

 

 こんな運転行動を取らないことはもちろんですが、中にはこのようなドライバーもいますので、「何処から車が出てきてもおかしくない」と頭に入れて運転するようにしてください。

 

(シンク出版株式会社 2016.3.31更新)

■安易な考えが高い事故の代償を生みます

 安易な気持ちでする不安全な運転行動が、事故を誘発したり大きな過失責任へと結びつくことがあります。


 小冊子「低い安全意識が高い事故の代償を生む」は6つの事故事例について、運転者の過失責任の割合を考えて回答する、受講者参加型の指導教材となっています。

 

 自分の回答と解説を照らし合わせることで、「こんな運転行動をすると大きな過失責任を生む」といった危険をより深く理解することができます。

 

 【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月8日(木

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。