2016年

4月

28日

車を降りるときはサイドブレーキを引く習慣を

  写真は事故とは直接関係はありません
  写真は事故とは直接関係はありません

 さる4月22日午後2時ごろ、徳島県佐那河内村の村道に停車していた軽トラックが動き出して30m下の谷に転落し、 助手席に乗っていた女性が死亡する事故がありました。

 

 軽トラックには夫婦が乗っており、夫が自分たちの土地の入り口に張っているロープを外そうと車を降りたところ、軽トラックが後ろ向きに動き出し、谷に転落したということです。 

 

 村道は谷に向かって緩やかに傾斜していて、夫は「サイドブレーキをかけずに車を降りた」と話しています。 

 

 運転者が車を降りたスキに車が動き出す事故は、サイドブレーキをかけずに降りているケースがほとんどです。

 

 そのときの運転者の心理状況をみると、この事例のようにちょっとロープを外しに行ったとか、ちょっと郵便物を出しに行ったなど、わずかな時間しか車を離れないから大丈夫だろうといった油断が見られます。

 

 ちょっとの時間でも車から降りるときには、AT車ならPレンジに入れ、MT車ならニュートラルに入れて、サイドブレーキは必ず引くか駐車ブレーキを踏み込む習慣をつけましょう。

 

(シンク出版株式会社 2016.4.28更新)

■安全運転意識を高めて事故を防止しましょう

軽い気持ちでした運転行動が、大きな過失責任へと結びつきます

 安易な気持ちでする不安全な運転行動が、事故を誘発したり大きな過失責任へと結びつくことがあります。


 小冊子「低い安全意識が高い事故の代償を生む」は6つの事故事例について、運転者の過失責任の割合を考えて回答する、受講者参加型の指導教材となっています。

 

 自分の回答と解説を照らし合わせることで、「こんな運転行動をすると大きな過失責任を生む」といった危険をより深く理解することができます。

 

 【詳しくはこちら】

 

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月8日(木

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。