2016年

5月

12日

路上で遊んでいる子どもを見落とさない

車を動かす前に子どもがいないかを確認しよう
車を動かす前に子どもがいないかを確認しよう

 さる5月2日、北海道稚内市で自宅の駐車場内でかがんでチョークで文字を書いて遊んでいた小学1年生の女児が、外出先から戻ってきた祖父の車にひかれ、意識不明の重体になる事故がありました。

 

 車を運転していた祖父は、「孫に気づかなかった」と話しているということです。

 

 また、5月1日には埼玉県新座市の市道で、スケートボードのような遊具に腹ばいになり遊んでいた5歳男児が、前から来た軽乗用車にはねられ重傷を負う事故がありました。

 

 現場は交通量の少ない住宅街の路地で、男児は軽乗用車がほぼ直角のカーブを曲がり切ったところではねられたものです。

 

 小さな子どもは背丈が低いため、簡単に車体の死角などに隠れてしまいますので、見落とさないように注意しなければなりません。とくに、この2つの事例を見るまでもなく、路上で遊んでいる子どもは、身をかがめてたりしてさらに身丈が低くなるますので、見つけることが難しくなります。

 

 人間は誰でも、背の高いものには目線が行きやすく発見しやすいのですが、背の低いものには目線が行きにくく見落としがちになります。

 

 住宅街などを走行するときには、目線を低いところにも向けて遊んでいる子どもを見落とさないようにしてください。

(シンク出版株式会社 2016.5.12更新)

■出会い頭事故の危険に気づいて事故を防ぎましょう

小冊子「自分で気づこう!!出会い頭事故の危険」は、出会い頭事故の発生する要因を6つに分類し、それぞれの要因別に事故事例とデータを紹介しています。

 

また事例に関連した設問を設定していますので、チェックすることにより、自分自身にどういった出会い頭事故の危険が潜んでいるかを気づいていただくことができます。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月5日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。