2016年

5月

13日

高速道路の非分離区間では細心の注意を

 ゴールデンウィーク中は、多くの人がレジャーや帰省などで高速道路を利用しますが、それに伴って事故も多発しましたね。

 そのなかで目立ったのは、高速道路の非分離区間で一方の車が対向車線にはみ出して正面衝突する事故ではないでしょうか。

 

 さる5月4日、福島県の常磐自動車道の片側1車線の対面通行区間で、乗用車がセンターラインをはみ出して大型バスに正面衝突し、運転していた母親と子どもが死亡する事故がありました。

 

 一般的な高速道路では、片側2車線以上あって中央分離帯が設置してありますので、こうした事故は起こらないのですが、交通量が少ない地域では中央分離帯がない片側1車線のままで暫定的に高速道路を開通させているところがあります。

 

 こういう非分離区間では、中央分離帯がありませんので走行中にちょっと油断してわき見などをすると、すぐに対向車線にはみ出してしまいます。

 

 今回の事故の場合、乗用車がなぜセンターラインをはみ出したのか定かではわかりませんが、いずれにしても中央分離帯がない非分離区間では、ちょっとした油断で対向車線にはみ出すリスクは常にありますので、いつも細心の注意を払って運転してください。

(シンク出版株式会社 2016.5.13更新)

■教育用ビデオ「危険!自動車運転中のスマホ~事故発生のメカニズム」のご案内

 運転者に過失のある死亡事故原因の1位2位を占めるのが漫然運転と脇見運転です。その脇見運転のなかで問題になっているのが、スマートフォンを見ながら運転する「運転スマホ」です。

 

 本作品は、事故の再現映像や実験映像などで、「運転スマホ」の危険性を科学的に検証しています。

 車載カメラが捉えや危険映像や専門家の解説などを織り交ぜながら、「運転スマホ」の危険と安全運転の大切さを訴える安全運転教育DVDです。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月12日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。